トップ - 技術ドキュメント - OpenFOAM 付属チュートリアル一覧

キャビティ流れ(異なる形状のメッシュへのマッピング)

更新:2017/6/1
OpenFOAM 4.x

ケース

$FOAM_TUTORIALS/incompressible/icoFoam/cavity/cavityClipped

概要

このケースを実行するには事前にケース「cavity(キャビティ流れ)」を実行しておく必要があります。

上側の壁 lib が 1 m/s で平行移動、それ以外の壁 fixedWalls は静止している様な系の流れを乱流モデルを乱流モデルを使用せずに解きます。流体の流入出はありません。Z 方向は1メッシュとして2次元問題として計算を行います。

モデル形状 モデル形状

メッシュは以下の通りです。

メッシュ メッシュ

ユーティリティ― mapFields を使用してケース cavity の計算結果をマッピングして初期条件として使用します。

マッピングされた0.5秒での流速(U) マッピングされた0.5秒での流速(U)

計算結果は以下の通りです。

0.6秒での流速(U) 0.6秒での流速(U)
圧力(p) 0.6秒での圧力(p)

領域の切り取りによってできた凹部に新たに渦ができていることがわかります。

実行コマンド

cp -r $FOAM_TUTORIALS/incompressible/icoFoam/cavity/cavityClipped cavityClipped
cd cavityClipped

blockMesh
cp -r 0 0.5
mapFields ../cavity -sourceTime latestTime
icoFoam

paraFoam

計算済みの cavity ディレクトリは cavityClipped と同じディレクトリにあるものとします。

メッシュ作成後に0.5秒でのデータ用ディレクトリを作成し、mapFields で cavity の計算結果をマッピングしています。mapFields の設定ファイルは system/mapFieldsDict です。

計算時間

--- ※シングル、Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz