トップ - 技術ドキュメント - OpenFOAM 付属チュートリアル一覧

振動する流路

更新:2017/6/1
OpenFOAM 4.x

ケース

$FOAM_TUTORIALS/incompressible/pimpleDyMFoam/oscillatingInletACMI2D

概要

流入側と流出側が分かれた流路で、流入側流路(inletChannel)が主流垂直方向に振動するような場合の計算を行います。

モデル モデル

流体は領域 inlet から速度 (1, 0, 0) m/s で流入し、領域 outlet から流出します。流入側流路は Y 軸方向に振幅 0.5 m、振動数 3.14 rad/s(0.5 rps)で振動します。振動領域、振動方向・振幅、振動数はファイル constant/dynamicMeshDict で以下の様に指定します。

dynamicFvMesh   solidBodyMotionFvMesh;
motionSolverLibs ( "libfvMotionSolvers.so" );
solidBodyMotionFvMeshCoeffs
{
    cellZone        inletChannel;

    solidBodyMotionFunction  oscillatingLinearMotion;

    oscillatingLinearMotionCoeffs
    {
        amplitude       (0 0.5 0);
        omega           3.14;
    }
}

メッシュは以下の通りで、メッシュ数は11696です。

メッシュ 時刻0でのメッシュ

計算結果は以下の通りです。

メッシュの動き
流速(U)
最終時刻での流速(U) 最終時刻での流速(U)
最終時刻での圧力(p) 最終時刻での圧力(p)

実行コマンド

cp -r $FOAM_TUTORIALS/incompressible/pimpleDyMFoam/oscillatingInletACMI2D oscillatingInletACMI2D
cd oscillatingInletACMI2D

blockMesh
topoSet -constant
createBaffles -overwrite
cp -rf 0.orig 0

decomposePar
mpirun -np 4 pimpleDyMFoam -parallel
reconstructPar

paraFoam

計算時間

  • 1分54.28秒 ※4並列、Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz