トップ - 技術ドキュメント - OpenFOAM 付属チュートリアル一覧

kkl-ω モデルによる楕円柱周りの流れ

更新:2017/6/1
OpenFOAM 4.x

ケース

$FOAM_TUTORIALS/incompressible/pimpleFoam/elipsekkLOmega

概要

0秒から1秒までの間の楕円柱周りの流れを計算します。乱流モデルには kkl-ω モデルを使用します。

流体は領域 inlet から (3.1, 0, 0) m/s で流入し、領域 outlet から流出します。上下の流路壁である領域 up は対称条件、楕円柱表面である領域 hole はすべりなし壁条件とします。

モデル形状 モデル形状

メッシュは以下の通りで、メッシュ数は50000です。

メッシュ メッシュ

計算結果は以下の通りです。

流速(U)
最終時刻での流速(U) 最終時刻での流速(U)
最終時刻での圧力(p) 最終時刻での圧力(p)

実行コマンド

cp -r $FOAM_TUTORIALS/incompressible/pimpleFoam/elipsekkLOmega elipsekkLOmega
cd elipsekkLOmega

blockMesh
transformPoints -scale '(1.6666 1 1)'

changeDictionary -instance system -dict system/changeDictionaryDict.X
mirrorMesh -overwrite

changeDictionary -instance system -dict system/changeDictionaryDict.Y
mirrorMesh -overwrite

topoSet
createPatch -overwrite

pimpleFoam

paraFoam

mirrorMesh を使用して X、Y 面に対して1/4モデルを鏡像コピーすることで全体のメッシュを作成しています。

計算時間

2時間52分57.9秒 ※シングル、Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz