トップ - 技術ドキュメント - OpenFOAM 付属チュートリアル一覧

メッシュの変形

更新:2017/6/1
OpenFOAM 4.x

ケース

$FOAM_TUTORIALS/mesh/moveDynamicMesh/SnakeRiverCanyon

概要

最終的に指定された形状になる様にメッシュを変形させていきます。

最終形状の設定はポリゴン形状ファイル constant/triSurface/AcrossRiver.stl.gz をファイル 0/pointDisplacement で境界条件として指定することで行います。

AcrossRiver.stl.gz で定義された形状 AcrossRiver.stl.gz で定義された形状

ファイル 0/pointDisplacement で領域 minZ に AcrossRiver.stl を設定しています。

minZ
{
    type            surfaceDisplacement;
    value           uniform (0 0 0);
    velocity            (10 10 10);
    geometry
    {
        AcrossRiver.stl
        {
            type triSurfaceMesh;
        }
    };
    projectMode fixedNormal;
    projectDirection (0 0 1);
    wedgePlane      -1;
}		

また変形方法はファイル constant/dynamicMeshDict で以下の様に指定します。

dynamicFvMesh dynamicMotionSolverFvMesh;
motionSolverLibs ("libfvMotionSolvers.so");
solver displacementSBRStress;
displacementSBRStressCoeffs
{
    diffusivity  quadratic inverseDistance 1(minZ);
}

メッシュは以下の様に変形します。

メッシュ変形の様子
初期メッシュ 初期メッシュ
最終メッシュ 最終メッシュ

実行コマンド

cp -r $FOAM_TUTORIALS/mesh/moveDynamicMesh/SnakeRiverCanyon SnakeRiverCanyon
cd SnakeRiverCanyon

blockMesh
moveDynamicMesh

paraFoam

計算時間

26.34秒 ※シングル、Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz

参照