トップ - 技術ドキュメント - OpenFOAM 付属チュートリアル一覧

ノズルからの燃料噴射

更新:2017/7/1
OpenFOAM 4.x

ケース

$FOAM_TUTORIALS/multiphase/interFoam/les/nozzleFlow2D

概要

解析モデル 解析モデル

燃料噴射の解析を4×10-5分だけ行います。領域 inlet から燃料が (460, 0, 0) m/s で流入し、領域 atmosphere から流出します。解析領域はくさび型で、円周方向は1メッシュとして2次元問題として計算を行います。

空気、燃料の流体としての特性はファイル constant/transportProperties で以下の様に指定しています。

phases (fuel air);

fuel
{
    transportModel  Newtonian;
    nu              [0 2 -1 0 0 0 0] 5.952e-06;
    rho             [1 -3 0 0 0 0 0] 840;
}

air
{
    transportModel  Newtonian;
    nu              [0 2 -1 0 0 0 0] 8.5e-07;
    rho             [1 -3 0 0 0 0 0] 20;
}

sigma           [1 0 -2 0 0 0 0] 0.0261;

メッシュは以下の通りで、メッシュ数は22403です。

メッシュ メッシュ

計算結果は以下の通りです。

液相 fuel の体積率(alpha.fuel)
時刻1.6×10^-5秒での液相 fuel の体積率(alpha.fuel) 時刻1.6×10-5秒での液相 fuel の体積率(alpha.fuel)

噴射時の飛沫の飛散が確認できます。

実行コマンド

cp -r $FOAM_TUTORIALS/multiphase/interFoam/les/nozzleFlow2D nozzleFlow2D
cd nozzleFlow2D

blockMesh
topoSet -dict system/topoSetDict.1
refineMesh -dict system/refineMeshDict -overwrite
topoSet -dict system/topoSetDict.2
refineMesh -dict system/refineMeshDict -overwrite

interFoam

paraFoam

計算時間

30分21.2秒 ※シングル、Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz