トップ - 技術ドキュメント - OpenFOAM 付属チュートリアル一覧

流動床(乱流)

更新:2017/7/28
OpenFOAM 4.x

ケース

$FOAM_TUTORIALS/multiphase/reactingTwoPhaseEulerFoam/RAS/fluidisedBed

概要

空気の混ざった砂の底部から空気を吹き込んだ場合の流れを2秒間分、計算します。Z 方向は1メッシュとして2次元問題として計算を行います。

解析モデル 解析モデル

air、particles の各相の物性はファイル constant/phaseProperties、constant/thermophysicalProperties.air、constant/thermophysicalProperties.particles で設定されています。

air、particles の乱流設定はファイル constant/turbulenceProperties.air、constant/turbulenceProperties.particles で設定されています。気相である air には標準 k-ε モデルを、粒子相である particles には B.G.M. van Wachem による動力学モデルを使用します。

メッシュは以下の通りで、メッシュ数は6000です。

メッシュ メッシュ
メッシュ メッシュ(拡大)

計算結果は以下の通りです。

相 particles の体積率(alpha.particles)
初期時刻での相 air の体積率(alpha.air) 初期時刻での相 particles の体積率(alpha.particles)
時刻0.6秒での相 air の体積率(alpha.air) 時刻0.6秒での相 particles の体積率(alpha.particles)
時刻1秒での相 air の体積率(alpha.air) 時刻1秒での相 particles の体積率(alpha.particles)

実行コマンド

cp -r $FOAM_TUTORIALS/multiphase/reactingTwoPhaseEulerFoam/RAS/fluidisedBed fluidisedBed
cd fluidisedBed

blockMesh
setFields

reactingTwoPhaseEulerFoam

paraFoam

計算時間

21分02.97秒 ※シングル、Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz

参照