↑ページトップへ

FreeCAD チュートリアル パスワークベンチ初歩(1/2)

更新:2019/8/17
FreeCAD 0.18

チュートリアル内容

3次元形状からCNC工作機械用の切削パスの作成と切削シミュレーションを行い、最後にパスをGコードファイルとして出力します。

3次元形状と切削パス
3次元形状と切削パス
切削シミュレーションの結果
切削シミュレーションの結果

ジョブの作成と設定

  1. FreeCADを起動して、適当な形状を作成するか、STEPファイルなどから読み込みます。(このチュートリアルで使用している形状は「サンプル形状のFreeCADファイル」からダウンロードできます)。

    切削対象となる形状
    切削対象となる形状
  2. ワークベンチをパスワークベンチへ切り替えます。

  3. モデルツリー上で対象形状を選択してからパス・ジョブを作成「パス・ジョブ作成」アイコンします。ジョブ作成ダイアログで対象形状にチェックが入っていることを確認してOKを押します。

    ジョブ作成ダイアログ
    ジョブ作成ダイアログ
  4. タスク・タブのジョブ編集ダイアログの「Setup」タブで切削材料の形状を設定します。切削材料の形状は3Dビュー上では黒線で表示されます。「Create Box」を選択して対象形状がちょうど収まる直方体に設定し、OKを押して切削材料の形状を決定します。

    ジョブ編集ダイアログ
    ジョブ編集ダイアログ
    切削材料の形状
    切削材料の形状
  5. モデルツリーにパス・ジョブが追加されるので、ジョブの下の「Default Tool」をダブルクリックして開きます。

    モデルツリー
    モデルツリー
  6. まず「Controller」でコントローラー名を「MyController」、Horiz. Feed(水平方向の切削送り速度)、Vert. Feed(垂直方向の切削送り速度)を「3.33 mm/s」、Spindle(回転の速度と方向)を「4000 RPM」「Forward(順方向)」と設定します。

    コントローラーの設定
    コントローラーの設定
  7. また「Tool」でツール名を「MyTool」とします。ここでは切削工具のタイプ(エンドミル、ドリル、フライカッターなど)、材質、直径、長さなどを設定できます。このチュートリアルでは変更する必要は無いのでOKを押して設定を終了します。

    ツールの設定
    ツールの設定

以上で切削材料、工具の設定が終わりました。次に切削パスの作成を行います。

1 2