↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ

FreeCAD テックドローワークベンチ

更新:2018/8/27
FreeCAD 0.17
  • 概要

    テックドローワークベンチを使用すると既存の3次元形状から2次元図面を作成することができます。ウィンドウ上からはツールバーのWorkbench_TechDraw、またはメニューの[View]-[Workbench]-[TechDraw]で切り替えが可能です。

    基本的な作業手順は次のようになります。

    1. まずパートデザインワークベンチやパートワークベンチなどで3次元形状を作成します。

      index-techdraw-3d
    2. ワークベンチをテックドローワークベンチに切り替え、デフォルト図面ページの作成techdraw-new-defaultで空の図面を作成します。

    3. モデルツリーで3次元形状を選択し、ビューの追加techdraw-viewで2次元投影図を図面に挿入し、コンボ・ビューのデータ・タブで位置、角度、大きさなどを調整します。

      Mod-TechDraw
    4. 必要なだけのビューを追加したら寸法ツール(TechDraw_DimensionTechDraw_Dimension_RadiusTechDraw_Dimension_Angleなど)で寸法を記入します。また必要に応じて断面図techdraw-viewsection、拡大図techdraw-viewdetail、ハッチングTechDraw_Hatch、文字列techdraw-annotation、画像techdraw-imageなどを追加します。

      index-techdraw-darawing
    5. 図面のタイトル、作成者などを編集した後、図面のエクスポートtechdraw-saveSVGを使用して作成した図面をファイルとして出力します。

  • ツール

    図面ページ作成ツール
    techdraw-new-default デフォルト図面ページの作成 デフォルトのテンプレートを使用して新しい図面ページを作成します。
    techdraw-new-pick テンプレートからの図面ページの作成 選択したテンプレートを使用して新しい図面ページを作成します。
    編集ツール1
    techdraw-view ビューの追加 選択した3次元形状の2次元投影図を図面に追加します。
    techdraw-projgroup 投影グループの追加 選択した3次元形状からグループ化された複数の2次元投影図を作成し、図面に追加します。
    techdraw-viewsection 断面図の追加 選択したビューの断面図を作成し、図面に追加します。
    techdraw-viewdetail 拡大図の追加 選択したビューの拡大図を作成し、図面に追加します。
    techdraw-annotation 注釈の追加 テキスト文字列による注釈を図面に追加します。
    techdraw-draft-view ドラフトビューオブジェクトの追加 ドラフトワークベンチで作成した2次元オブジェクトを図面に追加します。
    techdraw-arch-view 建築断面オブジェクトの追加 建築ワークベンチで作成した建築断面オブジェクトを図面に追加します。
    techdraw-spreadsheet スプレッドシートの追加 スプレッドシートワークベンチで作成したスプレッドシートを図面に追加します。
    編集ツール2
    TechDraw_Hatch 画像ファイルを使用してハッチング SVG 形式のファイルからハッチングパターンを読み込み、選択面をハッチングします。
    techdraw-geomhatch 幾何パターンを使用してハッチング Autodesk PAT 形式のファイルからハッチングパターンを読み込み、選択面をハッチングします。
    techdraw-symbol ベクター画像を追加 SVG 形式のファイルからベクター画像を図面に追加します。
    techdraw-image ビットマップ画像を追加 PNG 形式または JPEG 形式のファイルからビットマップ画像を図面に追加します。
    techdraw-toggleframe 編集用フレームの表示・非表示を切り替え ビューの周りに表示されるフレームなどの表示・非表示を切り替えます。
    TechDraw_redraw 図面ページの更新 図面ページ全体を再描画して更新します。
    エクスポート用ツール
    techdraw-saveSVG 図面のエクスポート 図面を SVG 形式ファイルとしてエクスポートします。
    寸法ツール
    TechDraw_Dimension 距離寸法 2点間の距離、または直線の長さ寸法を図面に記入します。
    TechDraw_Dimension_Horizontal 水平距離寸法 指定された2点、または直線の水平方向の寸法を図面に記入します。
    TechDraw_Dimension_Vertical 垂直距離寸法 指定された2点、または直線の垂直方向の寸法を図面に記入します。
    TechDraw_Dimension_Radius 半径寸法 指定された円、円弧の半径寸法を図面に記入します。
    TechDraw_Dimension_Diameter 直径寸法 指定された円、円弧の直径寸法を図面に記入します。
    TechDraw_Dimension_Angle 角度寸法 指定された2直線の間の角度寸法を図面に記入します。
    TechDraw_Dimension_Link 寸法を3次元形状とリンク 寸法を3次元形状とリンクし、2次元投影ではなく3次元の値そのものを使用できるようにします。
    クリップグループ編集ツール
    techdraw-clip クリップグループの追加 図面上の描画要素をグループ化するためのクリップグループを図面に追加します。
    techdraw-clipplus クリップグループに描画要素を追加 クリップグループに指定した描画要素を追加します。
    techdraw-clipminus クリップグループから描画要素を取り除く クリップグループから指定した描画要素を取り除きます。
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ